経営コンサルタント集団 oriri 、デザインファーム テイ・デイ・エスと協業活動を開始~新規事業開発支援 ”BirthDays” 始動~

2021年06月18日

経営コンサルティング会社コーポレイトディレクション(CDI)グループのカンパニー 「oriri(東京都品川区、代表:小川達大、以下「oriri」)」は、

デザインファーム 「株式会社テイ・デイ・エス(東京都新宿区、代表取締役社長:加藤勲、以下「テイ・デイ・エス」)」と共同で、

企業における新規事業開発を支援するコンサルティング 『BirthDays』を開始いたします。

■協業のコンセプト/背景
「経営を、『らしく、あたらしく』。」を掲げる「oriri」は、

1979年に設立され ”Strategic design and Creative logic”を掲げるデザインファーム 「テイ・デイ・エス」と、

「あたらしいコンサルティング・アプローチ探究」のための議論を重ねて参りました。

私たちの議論は、企業経営における「右脳思考」や「デザイン思考」を一過性の流行として採用するわけではなく、

あるいは、右脳的業務と左脳的業務の補完体制を外面的に整えるわけでもなく、その異質な感性を触発させ合い、統合しながら「あたらしい思考アプローチ」を開発しようとする試みです。

このたび、協業活動の第一弾として、両社の積み重ねてきた知見を統合し、企業における新規事業開発に資するサービス『BirthDays』を立ち上げます。

■サービス概要
『BirthDays』は、企業内の新規事業開発チームにおける創造性の活性化を狙いとする、伴走支援サービスです。

私たちは、新規事業開発チームにおいて、「主観・共観・客観」のバランス欠如が、しばしば「人材を集め、一定の予算や機会を与えているのにも関わらず、一向に力強いアイデアが育たない」という閉塞状態を作っていると考えています。

閉塞状態の具体像として、CDIにおける過去の企業支援経験から見出されるのは、例えば次のようなケースです。

<閉鎖状態の具体像>

  • 計画の形骸化:定量的な調査・分析に基づく計画策定が自己目的化した結果、「アイデアの本質」が失われている
  • 主体者不在:自らの内発的動機に基づき、構想を背負って走り切る「主体者」がいない
  • 独りよがり:特定個人の強い想いが先行し、「他者による理解・納得」の得られる形に昇華されていない
  • お手盛り発想:「顧客のリアリティ」を深く理解せず、簡単に手に入るデータや組織に根付く思い込みから事業を発想しようとしている

<『BirthDays』サービスのアプローチ>

このような状況を打破するために『BirthDays』では、oririが培ってきた【経営コンサルティング】の知見と、テイ・デイ・エスが培ってきた【デザインコンサルティング】の知見を統合し、

「ワークショップ」「チームビルディング」「グラフィックレコーディング」「DXマインドセット」「集中プロジェクト」「コーチング」「プロトタイピング」等のメニューを、課題に合わせてカスタマイズします。

そのプログラムにより、新規事業開発チームの見方・考え方・対話の仕方を多面的に刺激します。

本質的な発見と、造性の活性化を根幹とした、力強い事業開発プロセスを支えていきます。

■『BirthDays』コンセプトブック
サービスコンセプトの詳細を記載しています。
https://www.tds-g.co.jp/birthdays_conceptbook.pdf

■oririについて
日本初の独立・自立の経営・戦略コンサルティング会社であるコーポレイトディレクション(CDI)グループのカンパニー。
「らしく、あたらしく」 組織の認識と行動を変え、新しい経営のスタイルや新しい事業のカタチに向けて可能性を切り開くコンサルティングを志向し、企業を支援する。
https://oriri.co.jp

■株式会社テイ・デイ・エスについて
1979年創業。“Strategic design and Creative logic”を掲げ、クリエイティビティあふれる論理と、戦略に基づいたデザインによって、人、モノ、社会の間にあるコミュニケーション課題を解決に導くデザインファーム。
https://www.tds-g.co.jp/

【本サービスに関するお問い合わせ先】
CDI Group カンパニー oriri
担当:小川達大、阿部紘之、伊藤慎之介、新谷慈、木村優斗、加藤瑠莉
birthdays@oriri.co.jp(oriri内 BirthDays担当チーム)